MENU

痩せたのは楽しいが、副作用のおならの臭いなど感想

オルリファスト,副作用,おなら,評判

 

35年を過ぎてから、じりじり体重が増えていくことに恐怖を感じていました。

 

特に摂るかさが増えたわけでもないのに、少しずつ太って行くのが不安でした。

 

その根拠を退化という一言で片付けてしまうのは簡単ですが、昔から思考の調整には気を付けていたので、かりに気を付けていてもそれが無駄な熱中に終わってしまってあるような気がして、むなしさを感じていました。

 

オバサン思考になって出向くのが嫌で、節食や行為でシェイプアップを心がけてみたものの、思ったような結果を出すことができませんでした。

 

何か良い方法はないかと、ネットで検索していた位置、伝聞も信望ともに良かったオリルファストに瞳がとまりました。

 

藁にもすがる狙いというと誇大かもしれませんが、正にそのような気持ちでオリルファストを直ちに通販で購入しました。

 

オリルファストを飲み始めて直ちに気付いたのは、おならの頻度が増えたことでした。

 

しかもいたたまれないことに、以前と比較すると臭いが強烈になっていて、出先でひとりでに出てしまった時は心から焦ってしまいました。

 

腸の様態が良くなったのか、排便が良くなったことは嬉しかったのですが、おならは愚痴でした。

 

また、オリルファストに油分をカラダから排出する効果があるせいか、便と共に油が出ていることがとことんわかりました。

 

初めは何かの疾病かと不安になって仕舞うほど、油っぽくなっていました。

 

それはズボンが油で汚れて仕舞うほどで、直ちにナプキンによるようにしました。

 

効果に関しては、飲み始めてから3ヶ月で、約5kgのウェイト減に成功しました。

 

もっと、数週間で少しずつおならの頻度が鎮まり、臭いも必ずしも意思にならなくなりました。

 

それは結構うれしく、これからも呑み続けようという心機一転しました。

 

まだズボンに付着する油分の染みは気になりますが、それ以外はオリルファストの効果に遅まきながら満足しています。

 

⇒トップページへ

このページの先頭へ